プロデューサーノート<宣伝部長御喜美江>2007年09月18日 01時05分55秒

<<ポッドキャストに答える御喜宣伝部長>>

今月の19日(水)、20日(木)とアコーディオンの御喜美江さんが、せんくら宣伝部長となって仙台市内をかけ回ります。

生のテレビに2つ出て、ラジオが1つ、新聞も1つと4つの取材を受けていただきます。テレビは生演奏付き。

9月19日(水) 情報ライブMovin’  
15:50~  仙台放送
http://www.ox-tv.co.jp/movin/index.shtml

9月20日(木) NHK仙台 情報テラスみやぎ
午前11:05~ NHK総合テレビ
http://www.nhk.or.jp/sendai/top/terasu/index.html

(ラジオはDATE FM、新聞は河北新報でこれらの露出予定ははっきりしたらせんくらサイトでお知らせいたします。)

まったく世界的な演奏家をこんなにこき使っていいのかと思ってしまいますが、御喜さんは普段からご自身のブログなどでも「せんくら」の宣伝はたくさんしてくださっています。

それからアコーディオンという楽器の性質上、楽器を紹介したり、新作を委嘱したりと、広める活動には平素から熱心なので、それに甘えてお願いした次第です。

楽器は短期間では分かりませんが、長期的にはかなりの栄枯盛衰があります。

つまり全く消えてしまう楽器もあれば、一部の民族楽器から始まって全ジャンルで使われるようになることもあります。

今年のせんくらで言えば、ハーモニカやアコーディオンは、まだ地位が定まらずどちらにいく可能性もある楽器で、御喜さんや和谷さんはその楽器の盛衰も肩に背負って活動せざるをえません。ピアノやヴァイオリンをやっている方々とは違うど迫力もお楽しみいただきたいと思います。

平井洋 せんくらプロデューサー

福田進一(3)2007年09月18日 11時02分11秒


さて当日、上海から日本までは快適なフライトだったのですが、なんだか仙台上空で揺れ始めました。
「お客様、あいにくではございますが強風のため仙台には着陸できません。当機はこれより関西空港へ向かいます。」
おいおい、そりゃ困るんよ。なんで成田に降りないのよ。(この時点で成田も着陸不能だったようです)
さて、関空で次の羽田行きを予約するも、これまた飛ぶ気配無し。

マネージャーに電話。

「あのう、飛行機が飛ばないから、せんくら行けないのよ。これって初キャンセルかなあ?」
「ひえええええ。福田さんが飛ばないと、私の首が飛びますウ。這ってでも来て下さい」

てな、会話の後、新幹線に間に合わせて新大阪へ。
ところが、すでに東京行き最終は発車。
仕方ないなあもう!(怒)大阪駅へ。
次の頼みの綱は、夜行寝台特急「銀河」
これも、すでに満席。とほほほほほ。

と、ここで幸運の女神到来。一席だけキャンセルが出た!

やれやれ、というわけで寝台特急で東京へ。
翌朝6時過ぎに東京着。
なんでやあ(再び怒)仙台行き新幹線はすでに満席(タタリじゃあ!)
立ったまま仙台に。
9時20分過ぎ到着。タクシーの中で舞台衣装に着替える。
9時45分会場着。
ふらふらながらも、10時から45分弾き終える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なーんだ、箇条書きにしたらたいしたことないじゃん?
新聞にも載ったし。牛タンも食ったし。