ありがとうございました。2007年10月11日 14時36分51秒

せんくらにご来場くださいました皆様、ご出演くださいました皆様、誠にありがとうございました。
そしてボランティアの皆さん、たいへんお疲れ様でした。

出演者の方々は、45分の演奏のために、何倍もの時間をかけて準備してくださいました。

少し早めに来日したピアノのタン・シヤオタンさんは、朝9:00から夜10:00まで、食事は15分で済ませて練習していました。7日、朝1と最終公演に出演してくださった花房晴美さんは、その間ほとんどの時間をピアノのある楽屋で過ごされていました。他の皆様も同様です。

表方運営のボランティアの皆さんは、一同が会する3回の研修会、会場下見の他、運営の中心的役割を担っていた仙台国際音楽コンクールボランティア委員の皆さんによる、昨年の運営の検証から始まった打ち合わせは10回以上。
仙台国際音楽コンクール運営でのノウハウはしっかりあるとはいっても、全く異なる催しです。お客様が快適にコンサートを楽しめるよういいかげんな対応はできないと、開催内容の情報収集はもちろん、どんな疑問でも解決をはかり、本番に臨む様子には頭の下がる思いでした。

せんくらは本当にたくさんの力で成り立っています。
それぞれがそれぞれの役割をしっかりこなしてこそ、あの3日間が出来上がることを痛感しています。

来年のせんくらも、皆の力を合わせて、お客様が楽しんでくださることはもちろん、出演者、ボランティアの皆さん、そしてスタッフもより楽しめるフェスティバルになることを願います。

せんくら事務局 丹野裕子

コメント

_ クロ助みかんパパ ― 2007年10月12日 11時59分21秒

生涯初めてのボランティアが「せんくら」でした
「特別なことをする」というより
「自分が楽しめたらいいな」というスタンスで
臨んだのがよかったのかもしれません
近所で行なわれているこんな素敵なイベントに「参加」でき
心地よい疲労感とやり遂げた感でいっぱいです
是非、来年も参加し喜びを共有できればと考えています

お世話になりました職員スタッフのみなさん
一緒に活動をしたボランティアのみなさん
演奏家のみなさん
そしてすばらしいお客様がたに感謝です

(上の写真はまさに一緒に働かせていただいた皆さんです)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sencla-blog.asablo.jp/blog/2007/10/11/1848461/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。